drag-area
ニュース

NEWS

代表取締役・小田島春樹が鳥取県地域活性化雇用創造プロジェクト推進協議会でセミナーを開催致します。

2019年06月06日 講演情報/イベント

1、セミナー情報

観光・食分野を中心としたサービス業事業者の方を対象として、
労務環境の改善や生産性向上に繋げるICTの導入や活用事例を紹介し、
県内企業が抱える人手不足や働き方改革へ向けたセミナーを開催致します。
また、セミナーの中で弊社の最高経営責任者・常盤木が「未来予測AI」等、
EBILABのシステムの詳細について説明致します。

【開催日】
令和元年6月21日(金)

【会場】
ホテルセントパレス倉吉 4階シャンパーニュ
(倉吉市上井町1−9−2)

【スケジュール】
12:30 会場・受付
13:00 第1部 【EBILAB 事例紹介】
14:35 第2部 【里のうどん事例紹介】
15:35 質疑応答 (16:00 閉会)

2、第1部 ゑびや大食堂の取組みと目指すもの

【内容】
信念・企業理念について
デジタル変革を進める発想と経営革新への取組み
「勘」から「データ」活用による店舗経営・運営の効率化・合理化
テレビ会議システムの導入・クラウドによる情報共有化
画像解析サービス「アロバビューコーロ」の開発
スマートディバイス(IoT)の活用
デジタル変革の成果による働き方改革の推進
「来店予測AI」の開発とITビジネス(ソリューション事業)への参入
目指すもの①ー経営・従業員の楽と顧客満足度の向上の「3つの楽」
目指すもの②–EBILABを通じて日本のサービス業を盛り上げていく

3、第2部 里のうどんの先進事例と目指すもの

【内容】
信念・企業理念について
店舗データ可視化システムの導入の背景と決め手
リアルタイムの来店者データ可視化による店舗運営
多種多様の立地条件にも対応可能
取組み内容についての効果測定の容易さ
全従業員が共通言語による情報共有で働きやすさ倍増
ICT活用による勤務時間の削減と密度UP
EBILABのきめ細やかなフォローアップ(月に1度のデータに基づく提案)
目指すものー全従業員の働き方改革を推進して、飲食業を魅力ある職場に

4、参加申込について 【応募締切6/17(月)まで】

*協議会ホームページ
http://rajc.jp/

*FAX :0857−26−8336