drag-area

街全体をデータで見える化し、 街の課題の把握と、早期発見を可能します。 日本全土での対応が可能です

お申し込み・お問い合わせ

EBILABのスマートシティプロジェクト
(街の見える化事業)とは

スマートシティプロジェクトとは、
IoT(Internet of Things:モノのインターネット)の
先端技術を用いて、 基礎インフラと生活インフラ サービスを効率的に管理・運営し、
環境に配慮しながら、 人々の生活の質を高め、 継続的な経済発展を目的とした 新しい都市を創設することを 目標とした事業のことを指します。

EBILABでは、街の通行量データを 中心としたさまざまなデータを、 飲食店店舗のデジタルトランス フォーメーションを実現させた ノウハウを基に取得し、
街の抱えている課題をデータで 見える化することで、課題に対する 新たな解決策を提示・解決へと導きます。

今だからこそ街の見える化が必要

現在全国的な人口減少傾向や都市部への人口集中により、地方や都市で様々な課題が発生しています。
またコロナによる消費者の嗜好や行動パターンが大きく変化しています。
EBILABは、日本全国の地方自治体やデベロッパー様と協力をしながら、
街のデータを収集し課題点を早期発見、正しく把握することで、いち早くそれらに対するご提案や施策の実行を可能にします。

提供サービス

国や地方行政、大手ディベロッパーとのプロジェクト実績を基に、
一店舗規模から街規模までの通行量/交通量データの測定、解析、見える化、課題発見からご提案まで
ワンストップでご対応させていただきます。また過去データ等により街の人の流れ、人口動態などを、AIを活用して予測致します。

以下一部サービス例

  • 商店街通行量測定
  • 公園や行政施設(バス停や図書館、役所)の人流測定
  • 人、クルマ、獣害などの交通量調査
  • 人の流れ、人口動態を予測する街予測AI
  • 取得したデータを基に、見える化ツールの活用セミナーや分析についてのセミナーの実施

提供価値

●街や地域の場合
・弊社が提供する街全体の収集データにより街や地域の人々の行動パターンが明確化になり、今まで勘などで把握した街の課題点や個店の課題点を、数字を基に客観的に分析し対策を取ることが可能になります。

●個店の場合
・入店率や人流データを取得し、お店のポテンシャルを把握することができます。それを基準として、新たな施策を検討や実施が可能になります。

国立研究開発法人NEDOの2019年度プロジェクトに参画。 AIカメラを使用し、三重県の伊勢神宮前の通行量調査を始め、 沖縄の商店街の交通量の調査およびデータの解析を実施しました。 事例詳細を見る

三菱地所株式会社が手がける、
新しい商業店舗の在り方を追求する 有楽町・丸の内エリアでの実証実験 「有楽町×EBILABプロジェクト」に参画し、
店舗分析に係るシステム設計と データディレクションを行っています。
事例詳細を見る