drag-area
ニュース

NEWS

九州佐賀国際空港内sagair様にデータ可視化システムを導入いただきました

2021年05月10日 導入事例

株式会社EBILABは、株式会社トリプルアイズと共同で2021年4月28日、九州佐賀国際空港内のスーベニアショップ「sagair(サガエアー)」にAI画像解析カメラを利用したデータ可視化システムをご導入いただきました。

「sagair」は、2021年4月28日にオープンした佐賀に広がる「空」の下、佐賀の「空気」が最も感じられる場所として、佐賀にまつわる情報を、県産品の販売や試飲体験を通し、外の世界へと広く発信するショップです。
AIカメラを用いることで、お客様の男女比率や年代を見える化し、ショップでより効果のある商品の陳列やキャンペーン活動を効果的に行うことができます。
 
 
EBILABとトリプルアイズは、当プロジェクトで以下の内容を実施いたしました。
 
・AIカメラによる来客者属性の取得、分析
・データ可視化システムによるマーケティング施策の分析、改善
 
 
EBILABは店舗分析や来客予測、画像解析AIによるお客様の見える化など、DXを支援する仕組みを提供しています。ご興味のある方はお気軽にご連絡ください。
 

お問い合わせはこちら >

その他の事例を見る >